40代をどう生きるか?「何を大切にするか?②」

40代をどう生きるか?

 

このことをテーマに、この日記を暫く書いて行こうと思っています。

 

実は最近、知人の紹介で「後悔しない40代を行動する読書会」というイベントに誘われました。その会には10人くらいの40代の男性と女性が参加していたのですが、他の人の話を聞いていてめちゃくちゃ驚いたことがあります。

 

それは、同じ40代でも、人によって問題意識が全く違うといことです。

 

具体的に言えば、その会に参加していた割と多くの方が悩んでいたことは、40代の自分が、「とても平凡な人間である」ということを受け入れなければならない事が辛いというものでした。

 

つまり、人間、40年生きてくると、自分がそう特別な人間ではないし、過去に凄い成功や実績があった訳でもない。振り返ると人並みか、それ以下の人生を生きていることを認識し、自分は特別な人間ではないということを、受け入れることが何だか悲しいかったり、辛いという意見がとても多かったのです。

 

正直、私は、この話を聞いた時、驚いたというか、ちょっと笑ってしまいました。

 

なぜって、40代は基本、自分の選択(意思決定)によって、出来上がってくる年代だからです。例えば、生まれたから20歳迄は、生まれ育った環境や境遇は自分では選択出来ません。また、社会人になる迄は、一般的に親の管理下の影響を強く受けますので、すべて責任を自分で背負って生きていくことはなかなか難しい部分もあります。

 

しかし、20歳を過ぎたら、すぐに自立できるということは難しいかもしれませんが、社会に踏み出し、20代、30代と経て、次第に生まれ育った環境の影響や、親の管理を離れて、自分の意思において人生を切り開いていくことも十分可能だと思うからです。

 

逆に、そう考えないと人生のすべてが、自分の意思で何もできないということになってしまいます。

 

つまり、平凡な人生が良いか?悪いか?という意味ではなく、平凡な人生を自分が選んで生きてきたからこそ、今の40代があるはずなのに、その今の40代の自分が平凡で不服であるというのは、ちょっと私には意味が理解できなかったからです。逆に、「私は平凡な人生を選んで生きてきたので、今、平凡な暮らしを手に入れているから、割と幸せです!」とか言ってくれれば、私には非常に理解できます。分かりますか?

 

しかし、こんな錯覚が生じてしまうのは、自分が何を目指して生きているのかを決めずに、なんとなくぼんやりとした理想を持って過ごし、何か自分の人生に対しての不満や後悔が残ってしまっているという状況が、本人の中でもしかして起きているのかもしれません。

 

つまり、自分が求めるものを明快にしていないことが、そもそもの原因です。

 

そこで、今日は1つ、新しい考え方を紹介したいと思います。別に、私が考えた理論でもなんでもないんすが、それは「選択理論」という心理学です。これは人間の脳が持つ、根源的な欲求を5つのカテゴリーに分類し、その中身を満たしていくことを、人は自ら選択して生きていけるというものです。

 

そして、この5つが自分にとって何なのか?を決めることができれば、そもそもの錯覚は起きないので、平凡だから私は不満ではなく、平凡だからこそ幸せである!という捉え方も見えてきます。

 

その5つとは、こんな内容です。

 

 ■基本的5つの欲求

  1. 愛・所属の欲求:人を愛し愛されたい。一緒にいたい。
  2. 力の欲求:仕事で成功したい。人の役に立ち、評価されたい。
  3. 自由の欲求:人に束縛、管理されずに生きたい。
  4. 楽しみの欲求:趣味や遊びなどを深く追求したい。
  5. 生存の欲求:健康。食欲、睡眠、性欲など。

 

この5つの欲求は、大なり小なり全ての人が持っていると言われています。そして、この5つを理想的に満たした状態を、選択理論心理学では上質世界とよび、人は誰でも、この上質世界を目指して行動していくそうです。

 

f:id:miyamoto813:20180131181729p:plain

画像引用

 

いかがでしょうか?

 

ですので、この5つを元に、自分は何か求めているのか?それをどのくらい強く求めているのか?を自分が理解していれば、冒頭のような錯覚は起きまないと思います。そして、また、今、仮に整理していなかったとしても、40代は、もう一度、こうした自分が欲しいモノは何か?を自根分析して、それを得る為に行動すれば十分に間に合う年齢だとも思います。

 

今回も最後に質問です。

 

あなたが自分の人生で、求めているものは何ですか?

 

以上、今回もお読み頂きありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

40代をどう生きるか?「何を大切にするか?」

40代をどう生きるか?

 

この日記は、このテーマに沿って書き綴って行きたいと思います。

 

若い頃は、人生って、いつまでも続いていくような錯覚をしていましたが、40代になり白髪やシワが増えたり、見た目も自分でオジさんになってきたなって、悲しいけど自覚せざるえない年齢になってきたと思います。

 

もちろん、加齢は誰にでも起こることなので仕方のないことなのですが、40代って、そういった命の限界を自覚し始める年齢ですよね。

 

f:id:miyamoto813:20180130144420j:plain

 

悲しいです・・。

 

そして、前回も書かせて頂きましたが、人生の折り返しが40代になります。折り返しって、何だか寂しいでが、そのことを正しく受け入れて、これからのことをポジティブに考えていきたいですよね。

 

ということで、改めて40代は、残りの人生を考える時に来た!ということになります。

 

そのことを自覚して生きて行くことが、最も重要なことです。そして、その為には自分の残された時間、何を大切にし、反対に何を諦めるか?つまり、これまでの足し算型の人生から、引き算型の人生に移行することが大切であると伝えさせて頂きました。

 

そして、この減らすということは、消極的なことではない。むしろ、引き算を積極的に行うことが、人生をより豊かにしていく可能性があることも伝えさせて頂きました。

 

しかし、この選択をする為に、どう優先順位づけをすればいのか?

 

ここが最も大切です。

 

この自分にとって必要な優先順位に従って、これからの人生で大切なことを絞る為の方法を紹介したいと思います。この作業を行う時に引用したいのが、以下の本になります。

 

『死ぬときに後悔すること25』

大津秀一(緩和医療医=終末期医療の実践医)著 発行:致知出版社

死ぬときに後悔すること25 (新潮文庫)

死ぬときに後悔すること25 (新潮文庫)

 

 

死ぬときに後悔すること25

 1 健康を大切にしなかったこと
 2 たばこを止めなかったこと
 3 生前の意思を示さなかったこと
 4 治療の意味を見失ってしまったこと
 5 自分のやりたいことをやらなかったこと
 6 夢をかなえられなかったこと
 7 悪事に手を染めたこと
 8 感情に振り回された一生を過ごしたこと
 9 他人に優しくなかったこと
10 自分が一番と信じて疑わなかったこと
11 遺産をどうするかを決めなかったこと
12 自分の葬儀を考えなかったこと
13 故郷に帰らなかったこと
14 美味しいものを食べておかなかったこと
15 仕事ばかりで趣味に時間を割かなかったこと
16 行きたい場所に旅行しなかったこと
17 会いたい人に会っておかなかったこと
18 記憶に残る恋愛をしなかったこと
19 結婚をしなかったこと
20 子供を育てなかったこと
21 子供を結婚させなかったこと
22 自分の生きた証を残さなかったこと
23 生と死の問題を乗り越えられなかったこと
24 神仏の教えを知らなかったこと
25 愛する人に「ありがとう」と伝えなかったこと

 

いかがでしょうか?

 

別のこの本を買って読む、読まないは本人の自由です。

 

しかし、この25のタイトルを見るだけで、何かもの凄い考えさせられるものがありませんか?とくに1〜10あたりは凄く響くものがあります。25の愛する人に「ありがとう」と伝えなかったことなんて想像するだけで泣きそうになりますよね・・。

 

こういうのを見ていると、自分が現在、大切にしていないけど、それを放っておくと後悔するものが何かが見えてきます。

 

人生とは逆算です。

 

これも、最終地点からの引き算の発想ですが、自分が、もし残り数日で、この世から去るとすれば、最後に何を後悔するのか?こういう視点で自分の人生を棚卸していくことは、非常に有効です。

 

もちろん、40代は、20代や30代に比べれば、可能性は絞られてきます。

 

例えば、6に夢を叶えなかったこととありますが、仮に、今から甲子園に出たいと言う夢を叶えようとしても、時間を戻さない限り不可能です。ですが野球をすることが大好きであれば、野球を楽しむ人生は叶えられると思います。

 

このように考えると、40代はまだ、自分の大切な人生を取り戻すことや、何か後悔しない為に実行する十分可能な時間も体力も残されています。

 

つまり、まだ間に合うのです!

 

是非、希望をもってこの25のリストをじっくり見てみてください。そして、自分が後悔するかもしれないことを選んでみてください。きっと、その中に、自分の棚卸のヒントがあると思います。

 

最後に、皆さんに質問です。

 

85歳のあなたは、あなたに何をして欲しかったと言っていますか?

 

以上です。

 

今日も最後までお読み頂いてありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

40代をどう生きるか?「40代の人生戦略を考える」

 

この日記の目的

突然ですが、私の人生の目的は、「その人が自由に、自分らしく生きることを応援する」ことです。 

 

プロフィールにも書かせて頂きましたが、人は、誰でも、素晴らしい価値を持っており、自由に大空を羽ばたける可能性があります。問題は、その可能性を殺してしまっている何らかの固定観念があること。もちろん、人生、どうにもならないこと、生まれながらのハンデもあるでしょう。

 

しかし、40代は人生の折り返しのタイミング。

 

f:id:miyamoto813:20180129162038j:plain

 

ここで、その固定観念を打ち破り、残りの人生を輝かせていきませんか?私も同じ40代として、そんな思いでこの日記を書いて行きたいと思います。よろしくお願いします。

 

さて、40代をどう生きるか?

これって、結構、難しいテーマですよね。この日記を読んでくれる人は、現在、40代の人、もしくは、これから40代になる人もいると思います。ですが、40代って、ひと括りに出来るのでしょうか?

 

40代って、男か女かで大きく立場が違う気がします。また結婚しているかどうかでもかなり違うと思います。子供がいる、いないでも見方が違うでしょう。住んでいる場所、東京と地方では環境が全然違います。社会的立場や収入も、もちろん人それぞれだと思います。こうやって考えると、40代を語ることに共通項はあるのか?という気もしてきますよね。

 

しかし、ここで考える40代の共通項とは、「もう残りの人生を考える時に来た」ということです。

 

人生が仮に80歳まで元気に生きられるとすれば、もう半分が過ぎたという事です。そして、20代、30代と違い、明らかに体力が落ちてきているということです。何かを吸収し、活動する力は、これから年々、歳を重ねるごとに落ちていくでしょう。

 

f:id:miyamoto813:20180129162217j:plain

 

言うなれば、20代、30代までは「足し算」の人生だったと思います。10代からずっと教育を詰め込み、20代、世の中に出てからは、社会の仕組みや仕事を覚える為に自分に経験を叩き込み、30代には多くの人に出会い、無理をしてでも人言関係などを確立する。とにかく、自分の身体に知識と経験を目一杯、入れ続けて来た人生だったように思います。その中で、精神的に嫌なことも我慢し、辛いことも体力で乗り越えて来たような気がします。逆に言えば、それが出来た年齢でもあったと思います。そう考えると、これまでは正に積み上げてきた、「足し算型の人生」だったと思います。

 

じゃあ、これからは、どうすれば良いのでしょう?

これからは楽になるのか?

 

これからの40代を冷静に捉えると、決して、そんなことは無さそうです。子供がいれば教育費が掛かるのはこれからです。家のローンの残債も、まだまだ返せていないと思います。社会的には中間管理職などに抜擢されるのも、一般的にはこの年代です。人生において、これまで以上に様々なプレッシャーを背負わされるのが、この40代になって来ると思います。

 

このような状況で、今まで同じ生き方を続けたらどうなるでしょうか?

 

このまま行けば、自分の人生を犠牲にしてしまい精神的にも、肉体的にもおかしくなってしまうでしょう。場合によっては鬱や病気になってしまうかもしれません。また、こんな無理をして、何かに代償を払い続ける人生では、死ぬ時に物凄く後悔するかもるしれないでしょう。

 

そこで、私がお勧めするのは、今、ここで、一度、自分の人生をリセットすることをお勧めします。このリセットというのは、人生の棚卸です。これからの人生、自分は何を大切にして行くのか?反対に、何はそれほど大切でないのか?こういったことを整理するのです。

 

その目的は、「何を捨てるのか?」を見つけ出すことです。

先ほど書いたように、40代は、色々と背負うことが増えていきます。しかし、背負い続ける程の体力は、もう昔ほど無くなっていきます。ですので重要なことは、「何を止めるか?」を見つけ出すことが最も重要なことになってきます。

 

言うなれば「引き算」をすることが大切です。実は、この「引き算」は、私たちは慣れていません。これまでの教育によって、私たちの人生は何かが多い方が、少ないものより価値があるという風に教えてこまれてきているからです。もしくは社会通念的に、そのようように考える癖が知らぬ間に付いてしまっているかもしれません。減らすることは、小さくすることは、悪いことだ、恥ずかしいことだ、と思い込んでいる可能性があります。これが、固定観念です。まずは、ここを打破して欲しいと思います。

 

こういう言葉があります。

Less is more. 〜より少ないことは、より豊かなこと〜

これは、世界三大建築家のうちのひとり“ミース・ファン・デル・ローエ”が提唱した言葉です。現代の理想的な思想を象徴しています。ある物に要素を加え、個性を出すために装飾品を飾り立てるのではなく、今そこにあるモノから不必要な要素を差し引いていくことで、限りなくシンプルにしていくという考え方です。

 

f:id:miyamoto813:20180129162320j:plain

 

このミースの提唱する考えを参考に、自分の人生にとっても、必要でない物、これまでの見栄や思い込みで抱えてきたものを、一旦、そぎ落とし、自分自身を身軽にし、反対に、自分のとって本当に価値のあるものを選び直していくことは、自分の人生を遥かに豊かにしていくかもしれません。

 

つまり、ここで言う「引き算」は、量から質への転換を図るということです。ぜひ、皆さんも、この引き算の為の棚卸を検討してみて下さい。最後に、皆さんに質問です。

 

あなたが、今、捨てるべきものは何ですか?

 

今回は、ここまでです。次回も、40代の生き方を考察して行きたいと思います。

ここまで、お読み頂きありがとうございます。