40代をどう生きるか?「40代の人生戦略を考える」

 

この日記の目的

突然ですが、私の人生の目的は、「その人が自由に、自分らしく生きることを応援する」ことです。 

 

プロフィールにも書かせて頂きましたが、人は、誰でも、素晴らしい価値を持っており、自由に大空を羽ばたける可能性があります。問題は、その可能性を殺してしまっている何らかの固定観念があること。もちろん、人生、どうにもならないこと、生まれながらのハンデもあるでしょう。

 

しかし、40代は人生の折り返しのタイミング。

 

f:id:miyamoto813:20180129162038j:plain

 

ここで、その固定観念を打ち破り、残りの人生を輝かせていきませんか?私も同じ40代として、そんな思いでこの日記を書いて行きたいと思います。よろしくお願いします。

 

さて、40代をどう生きるか?

これって、結構、難しいテーマですよね。この日記を読んでくれる人は、現在、40代の人、もしくは、これから40代になる人もいると思います。ですが、40代って、ひと括りに出来るのでしょうか?

 

40代って、男か女かで大きく立場が違う気がします。また結婚しているかどうかでもかなり違うと思います。子供がいる、いないでも見方が違うでしょう。住んでいる場所、東京と地方では環境が全然違います。社会的立場や収入も、もちろん人それぞれだと思います。こうやって考えると、40代を語ることに共通項はあるのか?という気もしてきますよね。

 

しかし、ここで考える40代の共通項とは、「もう残りの人生を考える時に来た」ということです。

 

人生が仮に80歳まで元気に生きられるとすれば、もう半分が過ぎたという事です。そして、20代、30代と違い、明らかに体力が落ちてきているということです。何かを吸収し、活動する力は、これから年々、歳を重ねるごとに落ちていくでしょう。

 

f:id:miyamoto813:20180129162217j:plain

 

言うなれば、20代、30代までは「足し算」の人生だったと思います。10代からずっと教育を詰め込み、20代、世の中に出てからは、社会の仕組みや仕事を覚える為に自分に経験を叩き込み、30代には多くの人に出会い、無理をしてでも人言関係などを確立する。とにかく、自分の身体に知識と経験を目一杯、入れ続けて来た人生だったように思います。その中で、精神的に嫌なことも我慢し、辛いことも体力で乗り越えて来たような気がします。逆に言えば、それが出来た年齢でもあったと思います。そう考えると、これまでは正に積み上げてきた、「足し算型の人生」だったと思います。

 

じゃあ、これからは、どうすれば良いのでしょう?

これからは楽になるのか?

 

これからの40代を冷静に捉えると、決して、そんなことは無さそうです。子供がいれば教育費が掛かるのはこれからです。家のローンの残債も、まだまだ返せていないと思います。社会的には中間管理職などに抜擢されるのも、一般的にはこの年代です。人生において、これまで以上に様々なプレッシャーを背負わされるのが、この40代になって来ると思います。

 

このような状況で、今まで同じ生き方を続けたらどうなるでしょうか?

 

このまま行けば、自分の人生を犠牲にしてしまい精神的にも、肉体的にもおかしくなってしまうでしょう。場合によっては鬱や病気になってしまうかもしれません。また、こんな無理をして、何かに代償を払い続ける人生では、死ぬ時に物凄く後悔するかもるしれないでしょう。

 

そこで、私がお勧めするのは、今、ここで、一度、自分の人生をリセットすることをお勧めします。このリセットというのは、人生の棚卸です。これからの人生、自分は何を大切にして行くのか?反対に、何はそれほど大切でないのか?こういったことを整理するのです。

 

その目的は、「何を捨てるのか?」を見つけ出すことです。

先ほど書いたように、40代は、色々と背負うことが増えていきます。しかし、背負い続ける程の体力は、もう昔ほど無くなっていきます。ですので重要なことは、「何を止めるか?」を見つけ出すことが最も重要なことになってきます。

 

言うなれば「引き算」をすることが大切です。実は、この「引き算」は、私たちは慣れていません。これまでの教育によって、私たちの人生は何かが多い方が、少ないものより価値があるという風に教えてこまれてきているからです。もしくは社会通念的に、そのようように考える癖が知らぬ間に付いてしまっているかもしれません。減らすることは、小さくすることは、悪いことだ、恥ずかしいことだ、と思い込んでいる可能性があります。これが、固定観念です。まずは、ここを打破して欲しいと思います。

 

こういう言葉があります。

Less is more. 〜より少ないことは、より豊かなこと〜

これは、世界三大建築家のうちのひとり“ミース・ファン・デル・ローエ”が提唱した言葉です。現代の理想的な思想を象徴しています。ある物に要素を加え、個性を出すために装飾品を飾り立てるのではなく、今そこにあるモノから不必要な要素を差し引いていくことで、限りなくシンプルにしていくという考え方です。

 

f:id:miyamoto813:20180129162320j:plain

 

このミースの提唱する考えを参考に、自分の人生にとっても、必要でない物、これまでの見栄や思い込みで抱えてきたものを、一旦、そぎ落とし、自分自身を身軽にし、反対に、自分のとって本当に価値のあるものを選び直していくことは、自分の人生を遥かに豊かにしていくかもしれません。

 

つまり、ここで言う「引き算」は、量から質への転換を図るということです。ぜひ、皆さんも、この引き算の為の棚卸を検討してみて下さい。最後に、皆さんに質問です。

 

あなたが、今、捨てるべきものは何ですか?

 

今回は、ここまでです。次回も、40代の生き方を考察して行きたいと思います。

ここまで、お読み頂きありがとうございます。